古くて新しい家~ユーティリティ~

画像ユーティリティなんてカッコつけて呼べるような空間ではないけど(笑)、リフォームのときはこだわった場所。

まずビフォー。
洗面台は古くて小さく、電気も壊れていた。
画像手前には30cm位下がる半畳ほどの土間があり、大きなボイラーがあった。
洗面台と土間の間がせまくて前に住んでた方は洗濯機を横にして使っていた。
洗濯機の排水の穴、凍結防止の水を落とす栓、台所にお湯を送る管などが点在しとっても不都合だった。

私的にはまず土間が嫌だった。
隙間が発生するのでもったいないし埃はたまりやすいし掃除しにくい。
ボイラーはわりと新しかったみたいだけど、壁掛けにして下の空間を使いたかった。

洗濯機も正面から使いたい。
洗面台も水はねが気になるので70cmは欲しい。
できればおしゃれ洗面台が良いな。

なーーーんて言ってたらとんでもない金額になる(苦笑)

でも、考えて考えて譲れない部分を業者に話してたら朗報が入った。
配管業者で不要に在庫になってしまった便器がうちで選んだ便器と同じだから、それを使わせてくれたら配管をただで整理してくれると!!

うちとしても配管業者としても超ラッキー☆

でもでも、その便器はうちが選んだタイプの旧タイプだったと後から判明し取り替えるはめになったんだけど(苦笑)
配管業者は結局、損してしまったのよね。。。
申し訳ないけどありがとうございます。


画像そしてアフター。
おしゃれ洗面台にはできなかったけど75cm幅。
洗濯機も正面に向けて置けるようにし、配管も隅っこへ整理され、むき出しの配管は壁が作られ、土間を埋めて壁掛けのボイラーにした。

断然広くなった。
土間を埋めたのは本当に正解!

ただ、洗面台は鏡の中に小物をしまえるタイプにしたら良かったなとちょっと後悔。
小物の色を統一させても、色々置いてると生活臭はぬぐえない。


なので画像は引越し前しかお見せできませぬ(笑)


画像そうそう、玄関開けたらまっすぐお風呂の鏡があるので暖簾をかけた。
引き戸はあるけど、普段は湿気対策で開けておきたいので。

普通の暖簾だと通り抜けづらいからダメと旦那に言われていたので、どこでも通れるようなものに。

雑貨屋でこれを見かけたときは可愛いかったんだけど、うちで見たらとても昭和っぽい。
昭和の家だからなぁ。。。

こだわりの空間でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック